つなガリー夏バージョン

つなガリーに梅・しそ・ミョウガを入れました

今回は、いつも作っているつなガリーを
ちょっと夏バージョンにアレンジしてみましたよ!
夏バテが気になるこの頃、疲労回復などに
つながる、つなガリーを作ってみましょう!!

効能

今回のカスタマイズは、
1)ひき肉を胸肉にする
2)ガラムマサラを入れるちょっと前に梅肉を入れる
3)出来上がりにシソとミョウガをトッピングする
というものですが、それぞれの
素晴らしい効能を確認してみましょう。

鶏胸肉

科学的研究でも明らかになった、
疲労回復成分「イミダペプチド」が
含まれます。

この「イミダペプチド」は、渡り鳥が
長い距離を飛ぶ原動力にもなっている
そうです。

疲労は、活性酸素による酸化ストレスが
原因と言われていますが、「イミダペプチド」の
強力な抗酸化作用で、酸化ストレスが軽減される
とされています。

梅肉

「イミダペプチド」の次に疲労回復効果が高い
食材が、梅などの酸っぱい食べ物です。

この効果は、クエン酸でエネルギー代謝が
改善されることによるものです。

ポイントは、「イミダペプチド」と併せて
頂くことが重要、ということです。
抗酸化と代謝アップで効果が高まるんですね。

シソとミョウガ

シソはベータカロテンやビタミンEが含まれ、
こちらも抗酸化作用があります。
ミョウガはカリウムが多く含まれ、
むくみの防止に効果があります。

作り方

鶏胸肉

こちらは、いつものひき肉をもも肉からむね肉に
変えるだけですね。分量や作り方も普段通りです。

梅肉

3個分くらいでほんのり梅フレーバーが感じられる
程度です。種無しが便利!
包丁でトントン叩いてペースト状にします。
煮込みの段階に入るときに、入れてください。

シソとミョウガ

薬味として使うので、生のまま
細い千切りにして、盛り付けてくださいね。

ね、簡単でしょ?

夏バテに負けていられないあなた!
是非つなガリーを夏カスタマイズして、
暑い夏を乗り切ってくださいね!

つなガリーの詳細はこちら

(スパイスシェーカー)