上質な眠りで人生を豊かにする

『 Happy Sleep Therapy 』を

お届けしているHANAです。

 

そのHappy Sleepという言葉に込めた想いについて
お話しさせていただきます。

 

①毎日幸せな眠りを迎える

 

「はい、眼閉じて!誰が早く寝れるかなー?」

テンション上がってなかなか寝ない子どもたち、、、

「もー何でもいいから、早く寝なさーい!」

 

恥ずかしながら、ほんの半年前までの私の台詞。。

ヨガインストラクターとして、寝る前にベッドの上で
ねじりのポーズや、マッサージタイムも設けるなど
それなりに工夫してきたつもりでした。

夜は静かな穏やかな時間、
のはずなのに、、、

「宿題は?明日の準備は?」
「もー何でやってないん?」
と驚くほど早く過ぎていく時間と戦う毎日。。。
隠せないイライラ。。

せめて寝る前は副交感神経を優位にしてあげて。。。
と、わかってはいるのに、、
「ママがいい〜」と私の隣で寝る争奪戦を繰り返す
感情豊かな3人に、いつも最後は結局、、

「もー何でもいいから、早く寝なさーい!」

となっていたわけです。。。

そして寝かしつけながら、
LINEの返信をしたり、、
あー洗濯物たたまないと、
学校に提出するプリント書かないと、

の思いの中、寝てしまい、、

寝てしまったら、翌朝全ツケが廻ってくる地獄、、

もしくは深夜目が覚めて、こそこそ作業を始める。
ついでにネットサーフィンしてしまい、寝れない。
完全な寝不足。。。

まだ30代の頃は、徹夜でも何とかリカバリー
出来てたんです。それが、、、
40代に突入するあたりからガクッと、、
寝不足の日は、日中が本当にしんどい。

そうだ仮眠だ。で少しはマシになるものの、、

頭痛、目眩、、体の不調ってこんなにも
心をも蝕むものなんだと知りました。

そこから、睡眠について調べる日々。

何でこんなことしっかり教えてくれなかったの?
算数や国語ができることよりも大事やんか!

知っていたような、見逃してきたような、、
そんな睡眠にまつわる知恵。

睡眠、つまり生きることなんです。

人生の3分の1は睡眠なんです。

ホルモンの関係だったり、
食べる時間、内容、
お風呂の時間、内容、
朝の過ごし方、
昼の過ごし方、
お昼寝、
年齢による違い、
寝室の環境作り、
など、、

1日を通して改善していけることばかり!
これらを一から学び、ただ今実践中。

本当に日中のパフォーマンス力が違います!

時々、、
撮っていたドラマの最終回がどうしても
見たくて、、
(しかも巻き戻して涙したり、、バカな私)
やっちまった。睡眠不足。。な日もありますが(笑)
まっその辺はゆる〜くいきましょう(笑)

いつの間にか
夜寝る前に子どもたちに吠えることは無くなりました(笑)

宿題をしなさーいと言うことも無くなりました。
なのに、
2年生も4年生もテストの成績が上がりました!

朝起きなさーいと言うことも無くなり、
爽やかな朝を迎えられるようになりました!

いろいろ実践してわかったのは、

夜眠る時に、いかに幸せな気持ちで1日を
終えられるかどうか。がポイントであること。

子どもたちの反応を見ていて確信しました。

これは寝る直前に何かすれば良いのではなく、
1日を通して、実践していく。

丁寧に楽しく、全力で生きる。
そのための睡眠。

そして、眠りにつく時に
「今日はこんな良いことがあったね」
「○○ちゃんのこんなとこが良かったね」

反省はせず、ただただ心が気持ちよくなるように。
子どもたちが楽しみにしている時間です。
私は必死に良かったことを探します(笑)

褒める!(自分のことも、家族のことも)

この記事をここまで読んでくださった方、
今夜からすぐ実践出来ることです!ぜひ褒めて♡

ちなみにオンラインの夜ヨガでは
毎回そんな気分になれるようにお伝えしています。
毎週土曜日21:30。週に1度のセラピーです!

毎日幸せな眠りにつく。

その想いを込めて

Happy Sleep!